厚木日米親善春祭り2018~自衛隊機編~

Posted by

2018年4月21日

日米親善祭りの自衛隊機編

こちらも米軍編と同様、ほぼ写真を投げるだけである。ご了承願いたい。

海上自衛隊 UP-3C (9151)

こちらは海上自衛隊の目玉

UP-3Cだ、、、赤いラインとピトー管、それにAIRBOSSが目を引く。

AIRBOSS(エアボス)とは空中赤外線弾道ミサイル観測センサーシステムと呼ばれる観測装置。

頭についているこぶ。前についている球体の物が赤外線センサー。

UP-3Cのノーズギア後ろについている箱はレーダー装置との事。

その位置はアメリカ空軍のE-8を彷彿とさせる。

上下についた異なるセンサーを組み合わせ弾道ミサイルの探知、追跡を行うらしい、、、

 

海上自衛隊 USH-60K (8901)

海上自衛隊の対潜哨戒ヘリコプターSH-60Kの1号機である。

現在は第51航空隊にて各種装置の試験等に使用されているらしい。

自衛隊機特有のテストベッドカラーが魅力の機体だ。

最後は海上自衛隊の誇る新型対潜哨戒機P-1だ。

数年前までは物珍しかったが、今では配備が進みよく見ることができる機体。

エプロン地区閉鎖より少し前に降りてきたP-1がミッション終了後の機体洗浄を実施したのだが、撮影はできなかった、、、、またどこかで撮りたいと思う。

試験用機材が目を引く海上自衛隊の展示であった。

~完~

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA