2018年4月27日 羽田空港 ワールドカップトロフィーツアーの737飛来

Posted by

コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアーの専用機が羽田空港へ飛来。

このツアーは2018年ワールドカップロシア大会に向け、世界中のサッカーファンにワールドカップのトロフィーを見てもらおうというものだ。51か国を飛び回り大会前にロシアへ到着するという壮大なツアーである。

スポンサーはコカ・コーラ。その為機体には大きく会社ロゴが入り飛行機が真っ赤に塗られる。

以前はMD83を使用したこのツアーであるが、今回からはBoeing737-300型を使用する。

この機体を撮影すべく羽田へ向かった。

Titan Airways Boeing 737-33A(QC) G-POWC

AWC782便にて定刻よりも早く到着。使用ランウェイは22

このド派手な塗装の機体がツアー機である。中にはガラスケースで厳重に守られたトロフィーが入っているのだろうか。中に立ち入り見たいというのが本音なのだが、目の前の鉄格子に阻まれ進入することは叶わない。無念である。

順調に予定のスポットN6へ歩みを進める。

スポットイン寸前。

手前のポールが邪魔である。実は撮影地へ余裕をもって来たつもりなのだが、早着の影響でランディング寸前に駅へ着いたのである。猛ダッシュで撮影地に向かい間に合いはしたものの、良いポジションを確保できなかった、、、若干悔やまれる。

ランプイン後JGS社のGSEが周りを囲む。到着イベントを行うハンガーへ向けトーイングするための準備を行うようだ。

すべての準備が整い、12:00頃プッシュバックを開始。

 

トーバー付き右頭であるものの、横は回収できた。

プッシュバック完了後は速やかにハンガーへ引っ張られていく。

私も負けじとダッシュっで追いかける。

 

 

ハンガー手前フェンス側のドアが開いていたので金網越しに観察。

ハンガー内では関係者が打ち合わせを実施しているようだ。

おしりをこちらに向けハンガーインするとの事。

式典の様子は見せたくないらしく、スーツの男たちがこの直後ドアを締め切った。

こうなってはどうしようもないので諦める。

あいにくの天気ではあったものの、真っ赤な眉毛付き737-300を撮れたというだけで満足できる内容であった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA